sibu.jpg
 
所在地 長野県下高井郡山ノ内町

 

アクセス

 

電車:JR長野新幹線長野駅→私鉄長野電鉄湯田中行き約40分
     →バス長野電鉄湯田中から上林温泉行き約15分上林温泉下車→徒歩約1分
車  :上信越自動車道信州中野ICから国道志賀中野有料道路さらに292号線約20分
泉質 塩化物泉、単純温泉など
効能 リウマチ、肝臓病、火傷、神経痛、婦人病、胃腸病など
もっと詳しい情報はこちら 渋温泉旅館組合

渋温泉とは

奈良時代に僧・行基が発見したと伝わる古湯で、志賀高原から流れる横湯川の清流沿いに風情ある温泉街が連なり、
35軒の宿泊施設がある。

渋温泉の宿泊者は、外湯めぐり「厄除巡浴外湯めぐり」が可能になる。
一番湯から九番湯までの外湯を、手拭いにスタンプを押しながら巡浴するもので、
最後に高薬師さんにお参りして満願成就となる。

宿泊した宿に鍵を借りて共同浴場を回るスタイル。
共同浴場の渋大湯のみは、日帰り利用も可能だ。

温泉街でひときわ目立つ歴史の宿金具屋の木造4階の建物は、国の登録有形文化財に指定されている。
湯煙立ち上る石畳の温泉街を、浴衣に下駄でそぞろ歩く。そんな昔懐かしい温泉風景を堪能できるのが、ここ渋温泉だ。
各宿に用意されている湯下駄を引っかけて、「厄除巡浴外湯めぐり」へ(宿泊客のみ入浴可)。

それぞれ泉質、効能が異なる9つの共同浴場をすべて巡れば、苦(九)労を流し厄除け、不老長寿にご利益があるとか。
最後に高薬師へお参りして満願成就。川中島の合戦の際に、
武田信玄が負傷兵たちを癒したと伝えられる「薬湯信玄かま風呂」も人気。

石畳沿いには大正から昭和初期に建てられた3階建ての木造建築が並ぶ。
木と石からなる素朴な日本の原風景の中で、時計を外してのんびりと過ごしたい。

★渋温泉のお見積もりの依頼はクリック★ お見積り