oigami.jpg
 
所在地 群馬県沼田市利根町

 

アクセス

 

車  :東京から練馬I.C~関越自動車道(約126km)~沼田I.C~国道120号( 約18km)~老神温泉
電車:新幹線で東京から 東京駅~上越新幹線(約80分)~上毛高原駅
    ~ 関越交通バス( 約70分)~老神温泉
泉質 単純温泉
効能 乾燥性皮膚炎(アトピー)、慢性関節リューマチ、筋肉痛、神経痛、神経炎、創傷、じん麻疹等々
もっと詳しい情報はこちら 老神温泉旅館組合 

老神温泉とは

四季折々の高山植物が楽しめる「尾瀬国立公園」と沼田を結ぶ、
国道120号(通称日本ロマンチック街道)を尾瀬日光方面に向かって山道を30分ほど走り、
少し入った片品川沿いの温泉地。

周囲を山並みが囲み、片品川に沿った斜面に旅館やホテルが建ち並ぶ山の温泉地です。
利根川支流の中で第一の美しさと称される「片品渓谷」や「吹割の滝」などの豊かな自然が魅力で、
尾瀬観光の拠点としてにぎわいます。

湯の歴史は古く、その昔、赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時、
弓で射られた赤城山の神が赤城山山麓に矢を突き刺すとたちまちお湯が沸いてきたのが始まりとか。
赤城山の神がそのお湯に傷を浸すとたちまち治り、
男体山の神を追うことができたことから「追い神」と呼ばれるようになり、
それが「老神」になったと伝えられている。

4月から11月中旬にかけては名物の朝市が開かれる。
関東一とも言われる朝市で、浴衣姿の宿泊客がお土産を求める姿も見られる温泉街の風物詩。
地元の野菜や山菜、自家製の漬物や味噌などがずらりと並ぶ。
素朴な土地の味に人々の笑顔、土の香りがする山の幸との触れ合いも旅の喜びだ。

★老神温泉のお見積もりの依頼はクリック★ お見積り